こどもの本

私がつくった本67
童心社 中山佳織

(月刊「こどもの本」2015年10月号より)
五味太郎 「きをつけて」シリーズ(全3巻)

五味太郎 「きをつけて」シリーズ(全3巻)
五味太郎/さく
2015年6月刊行

 私の子どもの頃の愛読書は五味太郎さんの作品でした。『ことわざ絵本』(岩崎書店)はいつもリビングの見える所に置いてあって、すり切れるまで読んでいたそうです。
 さてそんな私に、「できたよ」と五味太郎さんが見せて下さったのは、「きをつけて」というタイトルの、小さなトラックと大きなトラックのお話でした。小さなトラックが大きいのを追いこして、ぐんぐん行きます。行く手には坂やトンネルが……大丈夫かしら? 「きをつけて」と大きなトラックが声をかけます。さて、2台はどこへ行くのでしょう?
 小さいトラックを見守る温かな愛情や気づかいが、素直に心に届くお話です。シンプルですが、子どもも大人も年齢を問わず楽しめる、五味さんならではの世界がページの中に息づいています。感動して舞い上がっている私に「ちがう主人公でもう2つほど考えている」と五味さん。すぐに「きをつけて」シリーズ3冊の同時刊行が決まりました。
 トラックの次はひこうき、その次はふね。小さな乗り物が元気よく出かけていくというお話です。
『きをつけて2』は、主人公のひこうきが行く手に現れる木や山にぶつかって、機体を汚します。周りのビルが心配そうに「きをつけて」と声をかけます。何度か読み返すと、周囲が見守ってくれるからこそ、ひこうきは思いっきりぶつかったり汚したりできるんだなと、微笑ましい気持ちになります。
『きをつけて3』は、ふねが主人公。近くに大きなふねが来ると「(おどろかせないように)きをつけて」、雨がふると「(ぬらさないように)きをつけて」。実は、誰かが小さな主人公に「きをつけて」と言っているのではなく、主人公のふねが「(私が通るから、邪魔しないように)きをつけて」と言って回っているお話です。何回か読むうちにそれに気づき、このふねの、ちょっと小生意気な愛らしい性格に頬がゆるみました。
 このように3冊ちょっとずつ様子の違う「きをつけて」が描かれています。五味さんの絵本にときどき登場するこの「きをつけて」という言葉は、まさに愛する者への気づかいの言葉のようです。声をかけたほうも何となく安心するし、かけられたほうも「気にしてくれているんだなア」と何だか嬉しい気持ちになります。
 五味さんは言います。「子どもは子どもなりに、大人は大人なりに、いろいろと気になります。そこが人生楽しいところ、そこが世の中難しいところ。そこでちょっと声をかけあいます。とりあえず『きをつけて』と。」
 百聞は一見に如かず、ぜひお手に取ってご覧下さい。「きをつけて」と声をかけたい大切な人へのプレゼントにも最適です。