こどもの本

私の新刊
『いえのなかのかみさま』 もとしたいづみ

(月刊「こどもの本」2014年11月号より)
もとしたいづみさん

そうだ、神様が見ているんだ!

 長女が中学生のとき、修学旅行で岩手県に行き、農家に四、五人ずつ宿泊するファーム・ステイを体験した。

 女子の感想は「ソフトクリームがおいしかった」が多かったが、男子は断然「夜がハンパなく暗くてやばかった」だったそうだ。ある男子の班は、外のお風呂が怖すぎたという理由で、ひとりも入浴できなかったというから、中学生、かわいいぞ! でも大丈夫か、都会っ子!

 今、都会は特に、夜でも明るく、家の中も隅々まで明るい。そんなところでは、ナニカがいそうな気配を感じることもないのかもしれない。

 光村教育図書が創立五十周年の記念出版として「いのちの絵本」シリーズを創刊するにあたり、「命」をテーマにした絵本を、という依頼があった。

「子ども達に命の大切さを伝えたい」というフレーズから、私がまっさきに伝えたいと思ったのは、ひとりぼっちで、誰にも気づいてもらえないと思っている子どもに、「誰かがちゃんと見ているよ」「君を見守っている誰かが必ずいるからね」ということだった。「誰か」……それはおそらく見えない存在だ。

 昔から日本には「八百万の神」といわれる「全てのものに神が宿っている」というすてきな考え方がある。神様は家の中にもたくさんいると考えられてきた。

 少し前まで日本では、人は家で生まれて家で死んだ。病院で生まれたり死んだりするようになったのは、わりと最近のことなのだ。家の中の神様達は、人々の命を、日々の暮らしを、ずっと静かに見守ってきたのだと思う。そんな神様は今でもきっといるはずだ。

 いつでもどこかで、神様はちゃんと見守ってくれている。そんなことを絵本で表現できたら、と思った。

 早川純子さんの描く神様達は、温かい光に輝いていて、ユーモラスでとてもフレンドリーだ。

 この絵本を読んだ子ども達が、ふと何かの拍子に「そうだ、神様が見ているんだ」と思い出してくれたら、こんなに嬉しいことはない。

もとしたいづみ●既刊に『じごくのさたもうでしだい』(竹内通雅/絵)、『こけしちゃんのおかいもの』(おざきえみ/絵)など。

「いえのなかのかみさま」
光村教育図書
『いえのなかのかみさま』
もとしたいづみ・文
早川純子・絵
本体1,300円