こどもの本

私がつくった本48
光村教育図書 吉崎麻有子

(月刊「こどもの本」2013年9月号より)
3さいからのユーモアえほん ハブラシくん

『ぼく、いってくる!』
マチュー・モデ/作
ふしみみさを/訳
2013年6月刊

 ことりのぼうやが、決意表明。

「ぼく、いってくる!」

 すると、ページをめくるたび、家族やともだちが、餞別の品をわたしてくれます。でも、どこに行くのかは、明かされません。もらったもので両手がふさがり、重装備となったぼうやが、向かった先は……。

 他愛のないオチに、「なあんだ」と笑わずにはいられないフランスの絵本です。弊社より刊行の『れいぞうこに マンモス⁉』の画家による新刊でした。このおもしろさを、日本の子どもたちにもたのしんでほしいとおもい、刊行することになりました。

 
 海外の絵本は、原書をもとに編集します。本書の原書はボードブックでしたが、日本では上製本で刊行することに。そこで、デザイナーさんに、原書にはない見返しと扉をつくってもらいました。

 原書のデザインを変更するときは、原書の出版社や作者の許可をとり、事前にデザインを見てもらいます。海外の出版社とのやりとりで気をもむのが、返信の期日です。祝日やバカンスとかさなり、時間がかかってしまうことも、しばしば。今回も、返信をいただけたのは印刷会社へ入校データをわたす前日でした。

 待ちに待った返信のメールには……画像が添付されていました。なんと、扉のイラストを変えてほしいとのこと! 間に合わなくはないけれど、ギリギリすぎるこのタイミング。しかし、いちばん悩んだのは、変更希望のイラストが、ストーリーに合っていないのでは、とおもったことでした。

 作者から届いたイラストは、巣の中に、ことりのぼうやがいるものでした。そのぼうやの表情が引っかかってしまったのです。本書は、表紙、また本文のはじめから、ぼうやが覚悟を決めた、りりしい(?)顔をしています。きりっとしたまゆげがあるのです。ですが、作者からのイラストは、まゆげがない! それがどうしても、ストーリーに合わないようにおもってしまいました。

 そこで、無理を承知でお願いをしました。扉のイラストを変えるのであれば、ぼうやにまゆげがほしい、そのイラストは翌朝までにほしい、と……。幸いなことに、作者はこころよく応じてくださり、無事、まゆげ付きのイラストで入校することができました。

 
 原書があるといえども、海外絵本の刊行は、一筋縄ではいかないことが多くあります。それを乗り越え、日本の子どもたちに、海外のすばらしい作品を届けていきたい。この決意表明(!)をもって、本書の紹介の結びとさせていただきます。