こどもの本

私の新刊
『マジックアウト3 レヴォルーション』 佐藤まどか

(月刊「こどもの本」2013年9月号より)
佐藤まどかさん

魔法の国から魔法が消えたら

 足かけ五年、『マジックアウト』三部作が、とうとう完結しました。

 最初にこの物語を書こうと思った頃、世界中で魔法の物語がブームでした。

 娘が通っていたイタリアの小さな小学校のクラスは、人種のるつぼでした。コソボの戦争難民やアルバニア難民の子たち、ロシアからの養子、欧州圏内からの移民の子たち。

 ラテン語圏や片親がイタリア人の子は別として、難民の子たちは、言葉のハンディがあります。小学校では落第することはありませんが、中学校では、三年続けて落第してしまうこともあるのです。言葉や宗教の壁を前に、彼らはイタリアの社会に溶け込もうと努力していました。幸い、宗教や習慣の違いがあっても、いじめられることはなかったようですが。彼らの親は、イタリア語が不得意なので、宿題を手伝ってもらえません。文法が複雑なイタリア語が分からないと、他の教科もどんどん遅れてしまいます。そして現実には、残念ながら魔法はありません。なんでも簡単にパッパッと解決するわけにはいかないのです。

 そんな彼らの生活を間近に見ながら、書きたくなったのが、この物語です。

 主人公アニアは、みんなが魔法を持っている国に生まれたのに、魔法を使えない子です。でも、そんな超最先端技術ともいえる魔法の大国で、ある日魔法が全て消えてしまい、パニックになります。そこでアニアが活躍します。魔法が消えた国で役に立つのは、積み上げてきた知識や知恵、ひとつずつ問題を解決していく忍耐力、そして人や自然を愛する心です。

 物語のなかでは、科学技術と人間、差別のない社会、自然との共存、内政や国際関係など、さまざまな問いを投げかけたつもりです。いくら魔法のような最先端技術を持っていても、それを使う善き「心」がなければ、かえってマイナスになりかねません。

『マジックアウト』が、楽しみながらもそんなことを考えるきっかけになってくれれば、幸いです。

(さとう・まどか)●既刊に『てっこう丸はだれでしょう?』『スーパーキッズ最低で最高のボクたち』『カフェ・デ・キリコ』など。

「マジックアウト3 レヴォルーション」
フレーベル館
『マジックアウト3 レヴォルーション』
佐藤まどか・著
丹地陽子・画
本体1,500円