こどもの本

私がつくった本40
文化出版局 西森知子

(月刊「こどもの本」2012年12月号より)
旅する蝶

『旅する蝶』
新宮 晋/作
2012年5月

 この絵本の作者、新宮晋先生と言えば、国際的に活躍されている高名な芸術家。風や水の自然エネルギーで動く彫刻作品で知られ、作品は日本国内はもちろん、世界中の美術館や公園など公共の場所に設置されています。

 その新宮晋先生から、この絵本のダミーを見せていただいたとき、まず、その美しさに魅せられました。そして先生がメキシコで偶然この蝶に出会ったときのお話を伺い、「ぜひ出版させてください」とお願いしたのが、ちょうど1年前の今頃でした。自然を愛し、動物保護にも関心を持つ新宮先生ならではのテーマです。

 この蝶、オオカバマダラは羽を広げても10センチほどの小さな体で、夏の終わりにカナダや北米からメキシコの森まで、2か月をかけて4000キロもの旅をすることで知られています。そして越冬した後、再び北上します。南下は一世代ですが、北上は、三〜四世代をかけての旅です。世代交代しながらも、毎年同じルートで同じ森に集まるのはなぜなのか、未だに謎が多いオオカバマダラの旅は、生命の神秘そのものです。

 その後、先生から原画の完成の連絡をいただき、お正月休み明け、まさに今年の仕事始めに、兵庫県三田市のアトリエに伺いました。そして楽しみにしていた原画とついに対面。ダミー本もダミーとは言えないほど美しかったのですが、原画の美しさといったら、それはもうすばらしいものでした。表紙の黄色、本文のグリーンとオレンジの鮮やかな色彩。繊細かつ大胆な筆致。うっとりと見入りました。

 打合せを済ませ、絵をお預かりしての帰路は、絵に何かあってはいけないと緊張し通しでした。新幹線の車中でも一度も席を立たずに、ひたすら絵の番人となっていました。

 大切に持ち帰った原画を印刷会社にデータ化してもらい、テキスト原稿と共にデザイナーさんの元へ届けて、レイアウト、デザイン作業が始まります。

 先生は海外でのお仕事も多く、この打合せの後もトルコとヨーロッパにお出かけでしたが、お忙しくてもメールの返信はきちんとくださるので、進行はとてもスムーズです。帰国された頃にちょうど色校が出るという絶妙なタイミング。少し時間をかけてチェックしていただき、色の調整を重ねて、出来上がりました。

 この『旅する蝶』には、製作中から、フランス語版のオファーが入り、先生のパリでの個展に合わせて出版が決まりました。他の国からも問い合わせが多く、うれしい限りです。

 オオカバマダラの壮大な旅を追いながら、子どもたちに自然のすばらしさ、生命の神秘を感じてほしいと願っています。