こどもの本

私の新刊
『たいそうするよ 1,2,3,はい!』 高畠 純

(月刊「こどもの本」2021年11月号より)
高畠 純さん

絵本で遊ぼう

 ぼくにとって久しぶりの作絵の絵本。

 小さな子どもたちが絵本を使って遊べる、そんな絵本にしたいと思った。絵本を見ながら自然に体を動かしたくなるような絵本だ。

 体操の絵本を考えるにあたって、運動が苦手な子が、「これならできそう」、と感じる、そんな絵本にしたかった。

 手をあげる、手をおろす。横を向く、体を前にまげる、片足をあげる……。日常的に行われる普通の動作を基本に。

 声をだしたり体を動かしたりすることは、心を大らかにしてくれる。

 登場するのは全て動物。人間では動きは説明っぽくなる。普段、ぼくは絵本の動物にはあまり服は着させない。でもこの絵本にはそれが必要だ。動物のままでは生々しくなり、視覚的にイメージを自分に置き換えにくくもなる。

 ラフを描きながら、一体この動物はどんな色のスポーツシャツなんだ? などと、あえて深く色を探るのをやめ、鉛筆で描き進めた。

 基本的に動作の繰り返しの絵本。前後ページのめくりをパタパタと繰り返すと、アニメ的動きもそこに見える。

 それはともかく、いざ着色に入ると、あえて色を探るのをやめていたので、色をつけるときにはとても新鮮であった。「あー、このパンダはこんな色のパンツになるのか」などと。それが各ページ描いていておもしろかった。

 着色を進めると今までの経験の感覚を超えるときがある。

 テクニックについてもそうだ。ぼくはあまりややこしいテクニックは持ち合わせていない。それでも、ラフを描きながら、本番はどうなるんだ、自分で描けるのか。でも、この絵がいいとぼくのどこかで言っている。ここでもいざ、本番、画面に立ち向かうと、それなりにテクニックを画面から教えてくれるときがある。(なんだか、偉そうなことを言ってしまった。)

 とにかく、おもしろく描けて、おもしろい絵本ができるのが肝心。

 新しい絵本に託す。

 子どもたちがこの絵本で大いに遊んでくれることを。

(たかばたけ・じゅん)●既刊(絵)に『ほらふきカールおじさん』『ぼくは』『モンスター・ホテルでおばけやしき』など。

『たいそうするよ 1,2,3,はい!』
光村教育図書
『たいそうするよ 1,2,3,はい!』
高畠 純・作・絵
定価1,210円(税込)