こどもの本

私の新刊
『ぴぽん』 内田麟太郎

(月刊「こどもの本」2021年4月号より)
内田麟太郎さん

はじめての絵本誕生秘話

 まだすこしは若かったころ、文章が書けなくなったら、なにをしようかと考えたことがあります。絵を描くのが楽しそうでした。でも、絵画教室に行くのは気がすすみません。 なるほど巧くはなるでしょうが、巧い絵よりも、楽しい絵が描きたかったからです。余生ですからね。 下手も絵のうちというのは、熊谷守一さんの言葉ですが、どうしてどうして熊谷さんの絵は、下手と見えてとんでもなく巧いものです。そうじゃなくて、ほんとうの下手な私としては……。夢を見つづけました。いつの日か落書きみたいな絵が描けるようになったら、絵本を一冊出したいなあ。下手が落書きみたいな絵というのは矛盾でありますが、下手ほど巧さを気にするものです。 ところが某日。擬音ばかりで書いた自作の「ぴぽん」という詩を読み返していたら、ふと悪魔のささやきが。「これ、絵本になるんじゃない」 よろり。 私は絵を描きはじめていました。といっても絵に自信はありません。ケント紙や絵の具を買いに行く気まではわいてきません。手元にあったコピー用紙に、フェルトペンで、もにょもにょもにょ。ただひとつだけ大事にしたのは、落書きのココロ、遊びのココロでした。ああ、そんな落書きを無謀にも鈴木出版へ送りました。 ぴぽん! 絵本になりました。 たしかに内田麟太郎が、わが愛する国民に贈る、本邦初の自作絵本です。 しかも楽しい。 これぞ今世紀が待っていた不朽の名作。 と絶賛してくださるお気持ちは分かりますが、絵に巧さを求める方にはおすすめできません。 されど、子どもと一緒に笑いたい。 しあわせなワタシになりたい。 珍本収集癖がある。 そんな方に、おすすめの絵本です。 ただ……。重版につぐ重版になりそうだから、珍本になるかなあ。

(うちだ・りんたろう)●既刊に『へんかしら そうかしら』『くじらさんのーたーめなら えんやこーら』『とりづくし』など。

『ぴぽん』"
鈴木出版
『ぴぽん』
内田麟太郎・作・絵
定価1,320円(本体1,200円)