こどもの本

私の新刊
『ひかりの森のフクロウ』 広瀬寿子

(月刊「こどもの本」2021年4月号より)
広瀬寿子さん

フクロウのいるところ

 私の住む住宅地はまわりを谷と森に囲まれている。フクロウの声は、実際には聞こえない。でも、森の道を歩きながら、私の心はいつもフクロウの声を聞いていた。神秘の鳥への憧れがあった。 その年の秋は、例年になく森の黄葉が美しく、沁みるばかりに映えていた。しばらく書くことから遠ざかっていた私に、もう一冊読みたいと夫がいったので、フクロウと森を書くことにした。 よく歩く道の一角に、こんもりと茂る小さな森がある。森はもとは家の庭だったらしく、奥に古びた家があった。そこを舞台にした。 大好きな兄と別れた少年が、その古い家で一人のおじさんと出会う。むかし、弟を〝フクロウ森〟で失ったおじさんだ。 孤独な二人の心が交差した時に生まれた幻想のフクロウを描いた。二人にしか見えない幻影 ..。 永い苦しみののちに自ら過去と決別するおじさんと、彼を理解することによって、自分も前向きに歩きだそうとする少年。喪失と再生の物語として、これを書いた。 読んでくれる子どもたちには、理屈ぬきで現実のむこうにある世界に身を置いてほしい。この作品は、それぞれの感性で受け取り方が大きく異なる気がする。読者の想像力にゆだねたい。 挿絵にはずいぶん助けられた。金色の落ち葉が舞う〝ひかりの森〟のシーン。その絵の中に、私は飛び去るフクロウを探した。フクロウはどこにもいなかった。作者であるのに切なかった。画家さんがこの作品を深く理解してくださったことに感謝した。 森の中にぽっかりと現れた〝ひかりの森〟は、実際に夫と歩いて見つけた場所だった。 この作品の校正が出るころ、夫は病に倒れた。出版社の計らいで、新刊はかろうじて意識のあるうちに彼に届けることができた。 別れの日、斎場の窓から近々と森が見えた。家族だけの静かな弔いの間、森には金色の葉が落ち続けていた。

(ひろせ・ひさこ)●既刊に『秘密のゴンズイクラブ』『かぐや姫のおとうと』『ぼくはにんじゃのあやし丸』など。

『ひかりの森のフクロウ』"
国土社
『ひかりの森のフクロウ』
広瀬寿子・作/すがわらけいこ・絵
定価1,540円(本体1,400円)