こどもの本

私の新刊
『ゾウと ともだちになった きっちゃん』 入江尚子

(月刊「こどもの本」2020年10月号より)
入江尚子さん

動物にも個性がある

 とある知人を通して、童謡「ぞうさん」の作詞家、まど・みちおさんに、ゾウの脳に関する研究論文をお送りしたことがあります。まどさんは、ゾウの脳の解剖写真を見て、こうおっしゃったそうです。「ああ、ゾウの前では、嘘はつけないな」

 まどさんの言葉を伝え聞いて、「本当にそのとおり!」と思わず叫びました。ゾウ研究の10年間で、ゾウが数を数えたり、足し算をしたり、絵を描いたり、ほかにもいろいろな能力を持つことがわかりました。でも、どんなに心躍る研究成果よりも、ゾウにはこちらの心のうちが、全てお見通しと感じる瞬間に、一番どきどきしました。

 研究を通して、たくさんのゾウと出会いました。ゾウたちはみんな、それぞれの飼育担当者の方と、深い絆で結ばれていました。とてつもない巨体と圧倒的なパワーを持つゾウにとって、私たち人間はなんともちっぽけでか弱い存在です。それでもゾウたちは、絆で結ばれた大切な人たちを傷つけないように、優しく触れてくれます。そして、研究者として訪れる私のことも、受け入れてくれました。ゾウたちは、なんだかおかしな実験装置を持ってやってくる私を、注意深く観察して、「今回はなにをしてほしいのかな?」と、目を輝かせて、楽しそうに協力してくれました。そして、中には、飼育担当者や研究者だけでなく、来園客として訪れる人とも絆を結ぶゾウもいるのです。

 週に一度は必ず動物園を訪れるという女性に出会いました。彼女の姿を見つけると、ゾウが鼻をあげます。「またきたよ」と彼女が声をかければ、ゾウは近づいてきて、あいさつをするのです。素敵だなぁと感激しました。

 動物園を訪れるとき、柵で隔てられた動物たちに、個性があって、心があることを、あるいは忘れてしまいがちです。でも、それぞれの動物の生態を理解した上で、彼らの個性を尊重すれば、きっともっと素晴らしい経験ができるはずです。この絵本が、読者の方のそうした気づきにつながったらいいなと思います。

(いりえ・なおこ)●本書が初の著作。

『ゾウと
福音館書店
『ゾウと ともだちになった きっちゃん』
入江尚子・ぶん/あべ弘士・え
本体1,300円