こどもの本

私の新刊
『謎解きカフェの事件レシピ ゆめぐるま』 田村理江

(月刊「こどもの本」2019年4月号より)
田村理江さん

アットホームな謎解き物語

 カフェでゆっくり過ごす時間が好き。ミステリーを読むのが好き。そんな私なので、この二つの要素がギュッと詰まった物語を書きたいな、と以前から思っていました。

 ある日の午後、近所にあるピンク色の壁の洋館風カフェでお茶を飲んでいたら、ドア口で「ただいまー」と可愛らしい声。ランドセルを背負った小さな女の子が、カウンターに飛び込んで行きました。それを見た瞬間、“おうちカフェ”の構想が鮮やかに動き出しました。

 主人公は小学生の詩織ちゃん。両親がカフェ〈ゆめぐるま〉を営んでいるので、お料理が得意。友情にあつく少しせっかちな、どこにでもいる女の子。まわりで起きるささやかな事件を、カフェにまつわるヒントを頼りに、迷いながら解決していくストーリー。ヒントはなぜか、いつもファンタスティックな形で、詩織ちゃんに届けられます。このヒントをあれこれ考える時間が楽しくて。

『ゆめぐるま』はミステリーとも、ファンタジーとも言えるけれど、物語の軸は「毎日の温かな暮らし」の描写。家族や友だち、町の人たちに支えられ、元気な日々を過ごす詩織ちゃんに、私自身も大いに励まされました。明るい気分の時は、この物語でもっとウキウキできるし、悲しい時はパワーをチャージしてくれるはず。

 表紙や各場面を飾るpon─marshさんの優しい絵が、登場人物に息吹と輝きを与えてくれたのも嬉しいです。

 登場人物は、ほぼ私のファミリーがモデルで、本の冒頭に記された誕生日も、その人たちと同じ。ちなみに、私はせっかちだから、詩織ちゃんに似ているかな?

 ソフトカバーで気軽に手に取って頂けるサイズの本なので、誰かの“親しい友だち”みたいになってくれたらいいな、と願っています。三巻それぞれ違う“味”がありますので、是非カフェ『ゆめぐるま』で詩織ちゃんと一緒に楽しんでください!

(たむら・りえ)●既刊に『リトル・ダンサー』『夜の学校』『コスモス・マジック』など。

『謎解きカフェの事件レシピ
国土社
『謎解きカフェの事件レシピ ゆめぐるま』(全3巻)
田村理江・作
pon−marsh・絵
本体各900円