こどもの本

『もぐらのいえ』 松屋真由子

(月刊「こどもの本」2019年3月号より)
松屋真由子さん

土のなかにはひみつがいっぱい!

『もぐらのいえ』は、もぐらの一家が住む家を一部屋ずつたどりながら、探し絵をする絵本です。

 このお話は、一枚の大きな家の絵を描くイメージで作り上げました。また、すこし離れて眺めても、近づいてじっくり見ても、どちらでも楽しめるものを作りたいと思っていました。

 まずは、一目でパッとその部屋の魅力が伝わるように、それぞれの部屋がなにをする部屋なのか決め、さらに地面の下の家として、植物や根っこ、化石や骨などを生かしたアイデアを考えました。地中の部屋ということで、色が似ないよう、部屋ごとにテーマカラーを決めています。

 また、じっくり見ても楽しめるように、もぐらの家族の暮らしや、それぞれの性格を考えながら、小物を描いていきました。同じ部屋が話のなかで何回か出てくるのですが、時間が進むことで少しずつ様子が変わっています。そうした細かい部分に気づいてもらうのも、この絵本の楽しみのひとつかなと思っています。

 植物を描くことが私はとても好きなので、主人公の趣味に重ね合わせ、絵のなかでたくさんの植物を描きました。私は割と下描きに忠実に着彩するタイプなのですが、植物に関しては描いていると止まらなくなり、下描きにないところにもワサワサ生やしてしまいます。ただ、ガツガツ描き足すだけでなく、探し絵をするために、部屋に目線が行くよう気をつけました。見やすさという点では、部屋のなかにあるものを判別しやすくするため、輪郭線のある絵で描き進めました。今までは輪郭線をつけない描き方が主だったので、私にとっては挑戦でした。

 制作中は試行錯誤の積み重ねでしたが、改めて絵を描く楽しさを感じることが出来ました。関わった全ての方に心の底からお礼申し上げます。そして、たくさんの読者の方に楽しんでもらえますように! どうぞよろしくお願いいたします。

(まつや・まゆこ)●本書が初の著作。

『もぐらのいえ』"
くもん出版
『もぐらのいえ』
松屋真由子・作
本体1,400円