こどもの本

私の新刊
『おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン!』 角野栄子

(月刊「こどもの本」2019年3月号より)
角野栄子さん

「あっちにいってね……」

「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」は、今年で四十歳になりました。ところが、今でもかわいい小さなおばけのまんまです。作者の私はちゃんと歳をとってしまったというのにね。でも、愉快なおばけとお付き合いしたおかげで、四十年間、退屈したことがありません。四十歳を記念して、新刊は一巻目と同じスパゲッティのお話です。『おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン!』一体どんな事件が起きるのでしょう。あなたも「ノックダウン」されないように、ちょっと準備体操してから読みましょう。

 このシリーズは、私の娘が三歳ぐらいの時にしてくれたお話から生まれました。「あっちにいってね、こっちにいってね、そっちにいってね、ふみきりをわたったところにカエルさんのおうちがありました……」娘はこの話がとっても気に入ったらしく、あきれるほど何回も話してくれたのです。その声が私の耳の奥に残っていたのでしょう。まず、小さなおばけの名前は「アッチ」にしようと思いました。名なしの権兵衛さんではお話が始まりませんからね。すると、「コッチ」も「ソッチ」も書きたくなったのです。それで、小さなおばけが三人生まれました。

 一番目のお話は「スパゲッティがたべたいよう」です。その頃、イタリア式のスパゲッティは私の超得意料理でした。みんな、「とってもおいしい。また食べたい!」と言ってくれたのです。それなら、「アッチ」もきっと、「食べたい、食べたい!」と言うに違いない。食いしん坊のアッチのおかげで、「ハンバーグつくろうよ」「カレーライスはこわいぞ」と、つぎつぎお話は生まれてきました。

 小さな読者もおいしいものが大好き。たくさんたくさん読んでくれました。すると、「コッチ」も「ソッチ」も、「書いて、書いて!」と言い出して……、これまでに四十のお話が生まれたのです。

 このシリーズは、おじいさん、おばあさん、お父さん、お母さん、その子ども達へと、三世代に渡って読み継がれてきました。幸せなおばけたちです。ほんとうにありがとう。そして、今度は、五十年をめざして頑張りましょう!

(かどの・えいこ)●既刊に『おばけのコッチ わくわくとこやさん』『おばけのソッチ ぞびぞびオーディション』など。

『おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン!』"
ポプラ社
『おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン!』
角野栄子・さく
佐々木洋子・え
本体900円