こどもの本

我が社の売れ筋 ヒットのひみつ7
『いい人ランキング』 あすなろ書房

(月刊「こどもの本」2019年1月号より)
『いい人ランキング』

川を渡れ!
『いい人ランキング』
吉野万理子 著
2016年8月刊行

「いい本」と「売れる本」との間には、見えない川が流れている。この川を、いかにして渡るか? それが、自称「出版屋」の課題だ。

 吉野万理子さんの『いい人ランキング』は、海辺の街を舞台にした青春小説。中学二年の女の子桃が、「いい人ランキング」で一位になったことをきっかけにいじめにあい、追いつめられていくのだが……。

 まず、吉野さんの考えたタイトルがすばらしい。「いい人」も「ランキング」も、だれもが知っている言葉だし、単独で見ると特別なインパクトもないが、いっしょになると、このパワー! このタイトルで、見えない川の川幅は、だいぶ狭まった。

 さらに、デザイナーの城所潤さんに原稿を読んでもらい、装丁について相談した。カバーには、不安そうな表情の少女が教室で佇んでいるイラストをいれる。そうすると、学校が舞台のお話だってすぐわかるでしょ。うん、確かに! そして長田結花さんはイメージ通りの、いやそれ以上のものを描いてくださり、不穏なムードは増大した。

 実は本書、カバーにもオビにも、どこにも「いじめ」という言葉を使っていない。「いじめ」という言葉は強いけど、いじめを扱った本はたくさんあるし、ストーリーも予測がつきやすい。それよりももっとミステリアスな、何かよくないことが起こりそうな気配だけど、何が起こるんだろう……? というほうが、手にとりたくなるのではないかと考えたのだ。

 手にとってもらえたら、みんな気に入るはず! と確信していた。なにしろ、いじめについて、いじめられる側だけでなく、いじめる側や周囲の心理もリアルに描いているし、その意外な解決法まで書いてある。リアリティと起伏のあるストーリーは、テレビドラマの脚本でならした吉野さんの筆が冴える。「人間関係に悩む中学生の実用書たりうる一冊」と書いてくださった書評もあった。

 結果は大当たり! YAとしては異例のヒットとなった。ある中学校では、図書館司書の方いわく「この本、返却されたかと思うと、すぐ別の子が借りていっちゃって棚をあたためている暇がない!」そうだ。実にうれしい。

 しかし、今こうしてふりかえってみると、「いい本」で終わってないのはいいことだが、この川を渡れたのは、ひとえに著者の吉野さんとデザイナーの城所さんのおかげかも…?出版屋、たいしたことしてない。しかもこの連載、「ヒットのひみつ」ということだけど、これって別に秘密でもないし……。みなさんのお役に立つようなことを書けなくて、かたじけない。出版屋の課題は、まだまだ続く。

(あすなろ書房 山浦真一)