こどもの本

我が社の売れ筋 ヒットのひみつ2
『なるほどわかったコンピューターとプログラミング』 ひさかたチャイルド

(月刊「こどもの本」2018年3月号より)
『なるほどわかったコンピューターとプログラミング』
時代が必要とする本
『なるほどわかったコンピューターとプログラミング』
ロージー・ディキンズ文 ショー・ニールセン絵
福本友美子訳 阿部和広監修
2017年2月刊行

 昨年の10月末のこと。残業終わりでお腹がすき、中華のお店に入った。レバニラ定食をかき込みながら、ビールを一杯。「んー、最高!」。ふと、テレビを見上げると、プロ野球の日本シリーズが流れていた。ソフトバンクホークス対DeNAベイスターズ。ぼんやりと眺めながら「いい流れかも」とにやり。脳内一人言劇場開演。

 ……子どもの頃、球団の親会社といえば、鉄道関係やデパート、新聞社というイメージだったけれど、最近は新しく参入したIT系企業のチームが強くなってきて、優勝しても違和感なくなってきたなあ。プロの世界だから、今年度がたまたまで、次回は西武や阪神が優勝するかもしれないけど。ただ、なんだか、いまの時代の勢いを表しているようで、ひっかかる。そういえば、パ・リーグでソフトバンクと最後まで優勝を争ったのも、IT系の楽天ゴールデンイーグルスだったっけ。

 新聞を開けばAIに関する記事が毎日のように載ってるし、どんな業種に就いても最低限のパソコンスキルは必須。子どもの習い事の上位にプログラミングが登場し、小学校では2020年からプログラミングが必修化。うーん、やっぱり生活の前提となる道具のあり方が変わってきているんだ。算盤だって、まだまだ使えるけれど、大きな流れは、好むと好まざるとにかかわらず、これが当たり前になってきてるんだな。そのなかで子どもたちも大きくなっていくわけだよなあ。

 子どもの本は、数十年前のロングセラーが読み継がれていく世界で、長く読まれる作品を目指して作者も編集者も日々頑張っている。けれども、時代に要請され、新しく伝えていきたい知識もあるよなあ。

 あ、そうそう。プログラミングは単にITスキルがあればいいってもんでもなくて、「自分が何をしたいか」のイメージも持たないと前へ進むことができないよね。単なる消費とは違う、創造と表現の世界がプログラミングにはあるんだよなあ。文字を覚えるように、プログラミングを覚えたら、むちゃくちゃ便利で面白いよ。鉄の溶接ができたら、自由にフレームが作れるのと同じようにさ。

「IT社会」と「思考・表現」が交差するところをうまくすくいとって、楽しいしかけ絵本ができたら、すごく売れるんじゃないかなあ。イラストをふんだんに入れてさ。あっ、それは『なるほどわかった コンピューターとプログラミング』のことか。順調に売れているのは、そういう理由なのかな……。
 ソフトバンクホークス対DeNAベイスターズ。「いい流れかも」。

(ひさかたチャイルド 佐藤 力)