こどもの本

私の新刊
『ジングルベル』 小宮 由

(月刊「こどもの本」2017年12月号より)
小宮 由さん

平和はよろこびから生まれる

 安全保障関連法案、いわゆる安保法案の可決後、本屋さんでよく見かける本があります。それは、命や平和の尊さを伝える絵本です。確かにあの法案で、私は、子どもたちの命、そして、未来の平和に不安を覚えました。

「私たちおとなが何とかしなければ」

 子どもの本の仕事をしている人であれば、思いはみないっしょだと思います。しかし、だからと言って、その思いを、ダイレクトに絵本の型に流し込んでもいいのでしょうか。

 私は、アメリカの古い本、一九四〇年~七〇年代の本を翻訳することが多いのですが、その時期のアメリカというのは、太平洋戦争を含めた第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争と、立て続けに戦争をしていました。そのような状況下で、当時のアメリカの子どもの本の作家や編集者たちが、どんな本を作っていたかというと『どろんこハリー』(一九五六)や『三びきのやぎのがらがらどん』(一九五七)など、今日、日本でロングセラーとなっている作品です。それらの本には、戦争の影さえ見えません。なぜなら、彼女らは知っていたのです。命や平和の尊さを伝えたいなら、子どもたちに「よろこび」を与えるしかない、ということを。どんな時代でも、子どもの心が欲するものはよろこびであり、子どもは、それを生きる糧とする。子ども時代によろこびを存分に享受していれば、何が平和かを判断できるおとなになる。だから絵本がよろこびを伝えずして、他に何で伝えられるだろうかと。

 それは、南北戦争以来、アメリカの内地が戦場になっていないからだと、指摘する人もいるかも知れません。しかし、少なくとも先に挙げた二冊の作家たちは、よろこびの大切さを理解し、それを自らの作品で表現していたことは、生前の交流から確かです。

 日本には山本有三氏が編集した「日本少国民文庫」がありました。日本が戦争に向かっている時期に、あのような豊かな本が出たのです。「おひざにおいで」というシリーズも志は同じです。ある意味、私の手がける本すべては、反戦の本だと言ってもよいのです。

(こみや・ゆう)●既訳書にM・W・ブラウン『まるぽちゃおまわりさん』『にんぎょうのおいしゃさん』など。

『ジングルベル』

PHP研究所
おひざにおいでシリーズ
『ジングルベル』
キャサリン・N・デイリー・作
J・P・ミラー絵 こみやゆう・訳
本体1、300円